コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

カテゴリー「町並み」の5件の記事

2012年10月 2日 (火)

玖島城武家屋敷5-外浦小路

大村藩初代藩主大村喜前が、玖島城を築いた時にできた五つの武家屋敷のうちの一つです。

 玖島城大手口から大村城南高校が建つ丘を越えて南下する小路で、長さ約679m、12戸の屋敷がありました。
 元は外海(そとめ)地方(西彼杵半島の五島灘側)の武士を住まわせていたことから、この名があります。大正12年(1923)、師範学校の建設により古い通りや屋敷はほとんど残っていません。

Dsc_0010

より大きな地図で 玖島城武家屋敷 を表示

2012年9月30日 (日)

玖島城武家屋敷4-小姓小路

 大村藩初代藩主大村喜前が、玖島城を築いた時にできた五つの武家屋敷のうちの一つです。

Img_7114

 藩主の側近くに仕える小姓が住んでいた場所で、長さ約632m、14戸がありました。昔の面影を一番残している場所・・・らしいのですが、もう少し下から撮影すべきでした(汗)

Dsc_0004

より大きな地図で 玖島城武家屋敷 を表示

2012年9月17日 (月)

玖島城武家屋敷3-本小路

大村藩初代藩主大村喜前が、玖島城を築いた時にできた五つの武家屋敷のうちの一つです。

玖島城大手口から国道を渡って、JR大村線の高架をくぐり愛宕神社入り口付近までの約686mの間が本小路と呼ばれています。現在の大村小学校辺りに九州最古の藩校「五教館」をはじめ、上級家臣の屋敷が並んでいました。幕末の頃には14戸あったようですが、今では面影がありません。

Dsc_0002


より大きな地図で 玖島城武家屋敷 を表示

2012年7月21日 (土)

玖島城武家屋敷2-上小路

Photo_4 Photo_5 Photo_8 

 市役所前バス停から歩くこと5分、草場小路と尾根を挟んで反対側の武家屋敷です。長さ約1,050m、37戸の屋敷があったそうです。写真の石垣の立派な屋敷は、大村藩家老浅田家の屋敷跡です。ほかにも上級武士の屋敷が多かったとか。

 大村藩初代藩主大村喜前が、玖島城を築いた時にできた五つの武家屋敷のうちの一つです。

より大きな地図で 玖島城武家屋敷 を表示

2012年7月19日 (木)

玖島城武家屋敷1-草場小路

Photo Photo_3

 裁判所前バス停を下車して5分、旧長崎街道脇の護国神社からお城の方角に伸びる武家屋敷で、大村藩初代藩主大村喜前が、玖島城を築いた時にできた五つの武家屋敷のうちの一つです。長さ約260m、5戸の屋敷や円融寺がありました。大村地方独特の「五色塀」が残っています。この塀は県の「まちづくり景観資産」にも選ばれています。写真左手奥には、カギ型の道路も残っていて、如何にも「城下町」といった趣です。

より大きな地図で 玖島城武家屋敷 を表示

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック