コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

カテゴリー「西彼杵郡」の3件の記事

2012年9月11日 (火)

日本二十六聖人上陸地

006

 上陸地の石碑は、長崎空港との連絡船が出る時津港の一角にあります。慶長2(1597)年1月、大坂の堺を出た一行は、処刑前日の午後肥前の国彼杵村に入り、その日のうちに大村湾の対岸にある時津村へ船で護送されました。時津村についたのは夜中の11時頃であったとか。彼らは船で一夜を過ごし、翌早朝長崎へと向かいます。

 彼杵村の記念碑、そして何故船なのかについてはコチラ

より大きな地図で 日本26聖人 を表示

2012年2月 2日 (木)

本川内駅のスイッチバック跡

長与町のJR長崎本線(旧線)本川内駅は、かつてスイッチバック方式の駅でした。

Img_6525

左奥諌早方面から来た列車は、左手前のホームに入ります。そこから右奥にバックし、右手前長崎方面へ向かいます。 

平成14年にスイッチバックが廃止され、新しいホームが出来ています。

Img_6528

子どもの頃、列車で通るたびに不思議に思っていました。このスイッチバック、さほど勾配がきついとは思えない。停車しない列車もある。ナゼ? 

峠の中腹から眺めてみても、謎は深まるばかり。 

Img_6529

蒸気機関車の構造上の問題かとも考えましたが、答えは本川内駅の歴史にありました。 

この駅は、単線区間における列車行違いのため、昭和18年に信号場として開業したそうな。それまでは普通に通過していたということか。山と川に挟まれた傾斜地という地形的制約でスイッチバック方式になったらしい。戦時中なので、恐らく鉄道輸送の高速化を図ったのでしょう。その後、昭和27年に駅に昇格しています。蒸気機関車も普通に通過できたんですねえ。 

ちなみに新線の開通は昭和47年なので、この当時まだ出来ていません。

2012年1月29日 (日)

さばくさらかし岩

長崎市中心部から時津町に向かう国道206号線を車で走っていると、巨大な岩が見えてくる。岩の柱に巨石が載った今にも落ちそうな奇妙な岩「さばくさらかし岩」です。別名「継石坊主」。時津町の文化財に指定されています。

Img_6515 Img_6518 Img_6519

狂歌師蜀山人が、長崎奉行所在勤中に紹介したことで有名になったとのこと。個人的には、魚売りの話の方がなじみがあります。 

ずいぶん昔にローカルCMで紹介されていたのと、某全国ネットの日本の昔話を紹介するアニメに登場しました。要約すると、 

昔時津村の魚売りがそばを通りがかり、今にも落ちそうな岩を見て、落ちてから行こうと待っていたら売り物の魚が腐ってしまった。

 といった話です。 

今落ちてきたら、交通量の多い国道は大変なことに。なので、安全のためボルトか何かで固定していることは想像に難くないのですが、それを現地に確かめに行ったつわものが居られるようです。結果は想像にお任せします(*^-^)。

 

場所は、時津町の長崎バス継石バス停のそばです。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック