コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

カテゴリー「佐世保市」の24件の記事

2014年3月25日 (火)

大野台支石墓群ー稲作農業のさきがけとなった人々の墓地

佐世保市鹿町町にある国の史跡、大野台支石墓群を訪ねてみました。

続きを読む "大野台支石墓群ー稲作農業のさきがけとなった人々の墓地" »

2013年8月31日 (土)

鬼塚古墳(佐世保市)ーひさご塚古墳の被葬者と同族?

佐世保市宮津(大村湾岸)に位置する鬼塚古墳は、直径約16mの円墳である。この夏、暑い盛りに発掘調査をやっていると云うので、行ってみた。

埋葬施設は、石棺を石室の腰石に見立てて、その上に板石を積み上げ、横口を設けるもので東彼杵町のひさご塚古墳とよく似た造りをしている。ひさご塚古墳との違いは、横穴式石室として造られているところである。また、この古墳では被葬者を安置するスペースが区分けされている。
時期は5世紀中ごろから後半。ひさご塚古墳が5世紀前半から中ごろなので、鬼塚古墳の方が新しい。
被葬者は、この地方の豪族で、交易で力を蓄えたと考えられる。

H25

副葬品として、青銅鏡や短甲等が出土している。青銅鏡は、ひさご塚古墳のもの似ているようだ。

H25_2 H25_5

下の写真では、土を突き固めて塚を造った様子が判る。元々斜面だった場所を一旦平坦にしてから古墳を造ったとか。

H25_4

下の写真少し判り難いが、車が止まっている左手のミカン畑の中にある。
この古墳、埋葬施設が2層になっている可能性があるらしく、9月に掘り下げるらしい。

Photo


より大きな地図で 佐世保市の史跡 を表示

2013年3月12日 (火)

針尾無線塔、国の重要文化財に指定

ブログをはじめて間もないころ、針尾無線塔について紹介していますが、このたび晴れて国の重要文化財に指定されました。

大正11年(1922)、旧帝国海軍が建設。コンクリート製無線塔の高さ136m、付属する施設を含めたところの「旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設」として指定された。国内で現存する唯一の長波無線通信施設、また、大正期のコンクリート建築技術を示す建造物としても評価されたようです。

より大きな地図で 佐世保市の史跡 を表示

2013年1月 8日 (火)

泉福寺洞穴‐世界最古の土器が出土

Img_7306_2

 世界最古の土器「豆粒紋土器」が出土した佐世保市泉福寺洞穴遺跡に行ってきました。周りは宅地開発されていますが、この周辺だけは緑に囲まれています。

 この遺跡は昭和44年に発見され、翌45年から54年にかけて調査されています。旧石器時代から縄文時代、弥生時代以降の文化層が確認されています。

 この遺跡の特徴は、細石器を伴う4段階の土器文化が発見されたこと。その中で一番古いのが豆粒紋土器で、科学的な年代測定で12,000年前と出ています。ちなみにそれまでは、福井洞穴の調査結果から細石器を伴う土器文化は2段階と考えられていました。

古い順に並べると

 1.ナイフ形石器文化
 2.細石器文化
 3.細石器+豆粒紋土器文化
 4.細石器+隆線紋土器文化
 5.細石器+爪形紋土器文化
 6.細石器+押引紋土器文化
 7.土器文化

こんな感じ。大まかに、1~2が旧石器時代、3~7が縄文時代、その内6までが縄文時代草創期と考えていいようです。

Img_7299  Img_7308 Img_7309

 入口から徒歩で300m程の場所に、その洞穴はありました。駐車場が無いので、公共機関を利用しましょう。左の写真、カーブミラー脇の細い歩道を入ると、広場に出ます。歩道が広ければ、駐車場にできそうな場所です。そこから右の写真にある階段を登っていくと目的地です。


より大きな地図で 泉福寺洞穴 を表示

2013年1月 4日 (金)

「最古の土器とその前後」-佐世保市島瀬美術センター企画展

Img_7310

 今、佐世保市の島瀬美術センターに国史跡泉福寺洞穴 から出土した国の重要文化財「豆粒紋土器」が展示されています。復元されたレプリカは常設展示されていますが、本物はなかなか見ることができません。撮影禁止なので、お見せできないのが残念。一見の価値有りです。
 泉福寺洞穴遺跡については、また後日。


より大きな地図で 佐世保市博物館 を表示

2012年12月23日 (日)

旧石器時代の炉の跡発見‐福井洞穴発掘調査現地説明会

 福井洞穴については2012.12.04にアップしていますが、その記事で触れた「重要な遺構」について発表されたので、見学に行ってみました。
(写真をクリックすると拡大します)

Img_7283 


Img_7290 Img_7263_2
 今回発見された「炉の跡」。約1万6千年~8千年前、旧石器人が火を焚いた後です。右の写真は、12月4日に載せたかった写真(汗)です。赤いところが焼けた石、黒いところが炭や焼けた土です。黒曜石の破片もありました。
 この遺跡の住人は定住生活をしていたと云う事のようです。


Img_7288
 「炉の跡」のさらに下に、「礫が集中した跡」が出てきました。外国の洞穴遺跡では、礫を床に敷き詰める事例があるそうですが、この国にはまだ発見例がありません。
 はたして新発見の遺構なのか、自然のなせる業なのか?今後の研究が俟たれます。ちなみに左上の部分が少しくぼんでいるのは、落盤で巨石が落ちてきた跡だとか。

Img_7282 Img_7273_2 Img_7298
 今回の調査は、50年前に掘った同じ場所を掘り返して、さらに掘り進むと云う方法をとっています。上層はかく乱層ですが、そこから50年前の調査で回収し忘れたと思われるものが出ています。
 泉福寺洞穴の「豆粒紋土器」が出るまで、いちばん古いと云われた「隆起線紋土器」の小さな破片がありました。残念ながら、前回の採り忘れだとか。
 会場では、50年前のノートや写真も展示されていました。岩宿遺跡を発見した相沢忠洋氏をはじめ著名な考古学者、後に考古学者になる少年まで多くの人が訪れています。

Img_7274 Img_7275 Img_7277 Img_7278 Img_7279
 上は今回新たに見つかった遺物です。層ごとに整理されています。

Img_7276_2
哺乳類の骨だそうです。顕微鏡で観察するほどの小さな破片です。

より大きな地図で 福井洞穴 を表示

2012年12月 4日 (火)

福井洞穴の発掘調査

 佐世保市吉井町、国指定史跡「福井洞穴」については以前書きましたが、夏に終わるはずの調査がまだ続いています。

 と云うのも調査中に重要な遺構が出たことから、調査委員会で今後の調査の進め方を議論していたそうです。「重要な遺構」が何かについては、まだ公表するわけにはいきません(汗)。今月22日ごろに現地説明会があるので、気になる方はどうぞ(笑)。

Img_7265 Img_6558

 鳥居の辺りから掘り始めて、現在のレベルは下の駐車場ぐらいです。5~6mぐらいでしょうか。15層辺りです。

Img_7261

こんな狭いとこを掘ってます。

より大きな地図で 福井洞穴 を表示

2012年7月 4日 (水)

大智庵城跡-宗家松浦氏の居城

 佐世保市大野地区、県立佐世保工業高校正面の丘の上に、その城跡はあります。中腹の「大智庵長名寺」まではなんとか車で行けます。そこから長い階段を上っていくと本丸跡があり、城跡公園として整備されています。

Img_6999 Img_6997

 宗家松浦氏は、はじめ相浦の武辺城を居城としていましたが、延徳2年(1490)第14代定(さだむ)の時、交通の要衝であったこの地に城を築いたといわれます。
 しかし8年後の明応7年(1498)、平戸を拠点に勢力を伸ばしていた平戸松浦氏の夜襲を受け一夜で落城。宗家松浦氏15代政(まさし)は討ち死に、子の幸松丸は平戸に連れて行かれます。幸松丸はその後旧臣に救出され、宗家16代親(ちかし)として旧領を回復、飯盛城を築きます。宗家松浦氏平戸松浦氏の対立はその後も続き、最終的に平戸松浦氏宗家松浦氏を滅ぼすのですが、は戦死者の菩提を弔う事業を多く行っており、この公園にある「松浦丹後守政の墓」もこのときに建立されたもののようです。

Img_6995

 現在佐世保市指定文化財になっているこの墓は、元々別の場所にあったものを戦前に移したものであるとか。安山岩の宝きょう印塔で、佐賀県側で製作されたもののようです。ちなみにここからひと山越えれば佐賀県伊万里市に出ることが出来ます。

2012年5月 5日 (土)

西川内橋(にしかわちばし)

佐世保市小佐々町の資料館に行く途中で発見した史跡です。

西川内橋、別名太鼓橋とも云います。佐世保市(旧小佐々町)指定文化財です。大正9年(1920)、アーチ型石橋として架けられました。後に現在の県道18号線が出来るまで、幹線道路として利用されていました。建設費は4,630円50銭であったとか。

Img_6719

Img_6721


西九州自動車道佐々ICから、県道18号線を小佐々方面へ車で10分程度の場所にあります。バス停がすぐそばにあります。名前は「西川内橋」だったかと。

2012年5月 3日 (木)

平戸八景潮目

長崎県佐世保市、大村湾の入り口を塞ぐ形で針尾島が鎮座しています。大村湾と外海の佐世保湾を結ぶ水路は、日本三大急潮の一つ「針尾(伊ノ浦)瀬戸」と「早岐瀬戸」だけです。ちなみに針尾瀬戸には建設当時東洋一といわれた西海橋と、「釣りバカ日誌16」で「ハマちゃん」の勤め先「鈴木建設」が建設した(*^-^)新西海橋があります。

今回紹介する平戸八景「潮目」は早岐瀬戸にあります。この瀬戸は全長11kmで幅員が狭く平均で125m程度しかありません。なので、私が幼少の頃は「川」だと思っていました(^-^; ただ昔はもう少し幅があったらしく、早岐瀬戸沿岸の平地はほとんど江戸時代の干拓事業で出来たものだとか。ちなみにこの瀬戸の大村湾側出口付近に「ハウステンボス」があります。

潮目は瀬戸のもっとも狭まった場所にあります。ここは針尾島と本土を結ぶ「観潮橋」があり、その名の通り潮の干満に伴う急流を見ることが出来ます。

Img_6674_2 Img_6675_2

上は佐世保湾から大村湾に流れる様子ですが、いまいち迫力に欠けるので、日を改めて撮ってみました。

Img_6723 Img_6724

今度は大村湾から佐世保湾に流れる様子です。カヌー愛好者に人気のある場所のようです。近くで見ていると引き込まれそうになります(^-^;

奈良時代の「肥前国風土記」に

速来門(はやきのと)は郡(彼杵郡)の西北にあり。この門の潮の来るは、東に潮落ちれば西にわき昇る。わく響きは雷の音のようである。よって速来門という。

とあり、早岐瀬戸のことではないかと云われています。観潮橋のたもとには速来門を示す標柱も建てられています。

Img_6678_2

ただ、速来門は現在の針尾瀬戸ではないかという説もあります。日本三大急潮の一つでもありますので。

場所は、JR早岐駅から歩いて10分程度です。

より大きな地図で 平戸八景 を表示

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック