コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« あけましておめでとうございます | トップページ | 天然記念物「長崎市小ヶ倉の褶曲地形」 »

2015年3月17日 (火)

信徒発見ー国宝大浦天主堂

元治2年(1865)に建てられた、現存する日本最古の教会。正式名称は「日本二十六聖殉教者堂」。二十六聖人が処刑された長崎西坂を向いて建っています。

教会建立の約1か月後の3月17日(新暦)、長崎浦上の住民が信仰を告白したのがこの教会。今から150年前の出来事です。
その2年後の慶応3年(1867)、「浦上四番崩」で弾圧されますが、明治6年(1873)に禁教が解かれます。

ちなみに
・浦上一番崩れ:寛政2年(1790)
・浦上二番崩れ:天保10年(1839)
・浦上三番崩れ:安政3年(1856)

Img_7985

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を構成する文化財の一つですが、「信徒発見150年」のこの年に世界遺産のならなかったのは、ちょっと残念。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 天然記念物「長崎市小ヶ倉の褶曲地形」 »

キリシタン史」カテゴリの記事

近代」カテゴリの記事

長崎市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/61295755

この記事へのトラックバック一覧です: 信徒発見ー国宝大浦天主堂:

» 大浦天主堂は日本最古のキリスト教建築物 [ぱふぅ家のホームページ]
大浦天主堂は1865年の建立で、現存するキリスト教建築物の中では日本最古のものである。国宝。竣工直後、浦上の潜伏キリシタンが訪れて信仰を告白したことから、世界の宗教史上にも類を見ない「信徒発見」の舞台となった。... [続きを読む]

« あけましておめでとうございます | トップページ | 天然記念物「長崎市小ヶ倉の褶曲地形」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック