コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 大和王権の西の端ー笠松天神社古墳 | トップページ | 3万アクセス達成 »

2013年10月14日 (月)

島原城跡発掘調査報告会‐石垣復旧工事

去年大雨で崩落した島原城跡本丸の石垣を

復旧するための発掘調査が行われており、その現地説明会があると云うので行ってみた。

008

明治以降、あるいは戦後、つきなおした形跡があるとか。

085

今回の調査ポイント
1.石列状遺構
2.中世の遺物
3.築石の刻印

087

左は石列状遺構。石列の下部に水を通さない硬く締まった土層があり、排水のための施設らしい。
右は中世の包含層。島原城が築城される以前。森岳城という有馬氏の支城があったようで、15,6世紀の中国輸入陶磁器がたくさん出土している。

Photo Photo_2

左は「封」?まじないの意味合いがあるかも。
真中は写真に写り難いですが、○に十字の刻印。
右は資料には載ってない刻印です。

Photo_3 Photo_4 023

左が中世の出土品。
真中は五輪塔のてっぺん部分です。もしかしたら過去つきなおしたときに入れた可能性があるとか。
右の瓦は、現時点では時期不明。

009 010 011

より大きな地図で 島原城跡 を表示

« 大和王権の西の端ー笠松天神社古墳 | トップページ | 3万アクセス達成 »

城跡」カテゴリの記事

島原市」カテゴリの記事

近世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/58386860

この記事へのトラックバック一覧です: 島原城跡発掘調査報告会‐石垣復旧工事:

« 大和王権の西の端ー笠松天神社古墳 | トップページ | 3万アクセス達成 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック