コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 長崎で「お諏訪さん」と言えば‐長崎諏訪神社 | トップページ | 大和王権の西の端ー笠松天神社古墳 »

2013年9月28日 (土)

ポルトガル人、平戸を去るー宮の前事件

天文19年(1550)、ポルトガル船が県内で最初に平戸に入港し、南蛮貿易がはじまります。

当初は貿易、布教活動とも順調であったようですが、しだいに仏教寺院の反発を招くようになり、永禄元年(1558)、宣教師が国外追放される事件が起こります。

その後も貿易は続けられていましたが、永禄4年(1561)、「宮の前事件」の後、ポルトガル人が平戸を去ることになります。

事件の経緯は「横瀬浦」のページに書いていますが、ちょっとおさらい。

永禄4年(1561)平戸でポルトガル人殺害事件が発生。この事件の発端は、取引上のトラブルでした。この争いが大きくなってポルトガル人の総司令官まで応援に駆け付ける騒ぎとなります。ここで平戸の領主松浦氏の家来たちが総司令官および13名のポルトガル人を殺害するに及びます。事件現場が平戸「七郎宮」の門前だったので「宮の前事件」と呼びます。
宣教師側の言い分によると、この事件について領主松浦隆信が誠意ある態度をとらなかったとして、平戸に代わる新たな貿易港を探すことになります。

Photo

写真が七郎宮神社の門前で、事件現場です。平戸港の一番奥です。この辺り一帯で取引が行われていたんですね。

Photo_2

現在、ストアーのある辺りにその神社はありました。神社自体は、その後平戸城内の亀岡神社に合祀されています。

より大きな地図で 平戸市の史跡 を表示

« 長崎で「お諏訪さん」と言えば‐長崎諏訪神社 | トップページ | 大和王権の西の端ー笠松天神社古墳 »

中世」カテゴリの記事

史跡巡り」カテゴリの記事

平戸市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/58281298

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル人、平戸を去るー宮の前事件:

« 長崎で「お諏訪さん」と言えば‐長崎諏訪神社 | トップページ | 大和王権の西の端ー笠松天神社古墳 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック