コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 日見峠新「新茶屋」跡ー日見新道開通により移転 | トップページ | 鬼塚古墳(佐世保市)ーひさご塚古墳の被葬者と同族? »

2013年8月29日 (木)

日見トンネルー車社会を見越したトンネル

江戸時代、長崎と小倉を結んだ長崎街道。その中で日見峠は、「西の箱根」と称されるほどの難所でした。明治15年、日見新道が開通。このころはまだ人力車や馬車の時代でしたが、その後自動車が交通の手段となっていくと、大正15年に日見トンネルが完成しました。全長642m、幅員7.4m 当時として日本最大規模のトンネルです。

このトンネル、自動車が普及し始めたとはいえ、まださほど多くなかった時代、1車線分の幅員で造る案もあったらしいのですが、今後自動車がさらに普及することを見越して2車線分の幅員にしたと伝えられています。
今でこそ交通量も減っていますが、日見バイパスが開通するまでは慢性的な渋滞でした。車社会の度合いが、先人たちの予測を超えてしまったといえます。

平成13年登録有形文化財に登録されました。

Img_7509

手前に写っているのは、以前紹介した「梨子の木茶屋跡」です。

より大きな地図で 長崎市の文化財 を表示

« 日見峠新「新茶屋」跡ー日見新道開通により移転 | トップページ | 鬼塚古墳(佐世保市)ーひさご塚古墳の被葬者と同族? »

史跡巡り」カテゴリの記事

近代」カテゴリの記事

長崎市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/57805932

この記事へのトラックバック一覧です: 日見トンネルー車社会を見越したトンネル:

« 日見峠新「新茶屋」跡ー日見新道開通により移転 | トップページ | 鬼塚古墳(佐世保市)ーひさご塚古墳の被葬者と同族? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック