コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 光永寺―福沢諭吉寄宿地・長崎県議会開設地 | トップページ | 中島川石橋群をさるく7ー芊(すすき)原橋 »

2013年2月21日 (木)

中浦ジュリアン出生地

天正遣欧使節の副使、中浦ジュリアンの出生地です。この地は小佐々水軍の一族で中浦城主だった小佐々甚五郎純吉が治めており、その子が中浦ジュリアンになります。ただ、父純吉ジュリアンが2歳の頃、永禄12年(1569)の合戦で討ち死にしています。

Img_7353_2 Img_7354_2 Img_7362

Img_7355_2 Img_7356_2 Img_7357 Img_7358

Img_7359_3 Img_7360 Img_7361

ここは「中浦ジュリアン」記念公園」として整備されており、展望台の上には遠くヨーロッパを見つめるジュリアンの銅像が建っています。銅像の周りには遣欧使節団の足跡等を紹介したパネルがありました。展望台の1階部分は小さな展示室になっており、関連の古文書が展示されていました。・・・で、この展示室、音が良く響きます。

近くにある顕彰碑は、地球の上に帆船をかたどったものであるとか。

近くの「城の山(中浦城跡)」は14・5世紀の山城で、小佐々一族の城です。海側が国道で削られていますが、本丸や二の丸、土塁などが残ってるといます。ただ地元の方の話では、特に説明板とかはないそうです。

ちなみに、出生地・城跡については江戸時代の大村藩の記録に、それと推定できる記述があります。

より大きな地図で 中浦ジュリアン を表示

« 光永寺―福沢諭吉寄宿地・長崎県議会開設地 | トップページ | 中島川石橋群をさるく7ー芊(すすき)原橋 »

キリシタン史」カテゴリの記事

西海市」カテゴリの記事

近世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/56710929

この記事へのトラックバック一覧です: 中浦ジュリアン出生地:

« 光永寺―福沢諭吉寄宿地・長崎県議会開設地 | トップページ | 中島川石橋群をさるく7ー芊(すすき)原橋 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック