コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 諸行無常、盛者必衰の理‐大河ドラマ「平清盛」最終回より | トップページ | 湯とり餅‐諌早地方の郷土料理 »

2012年12月25日 (火)

川棚町のキリシタン墓碑

 川棚町の中心部、常在寺の境内に長崎県の史跡に指定されている一つのキリシタン墓碑があります。元和8年(1622)に没した「富永二介の妻」の墓碑です。大村藩では明暦3年(1657)の「郡崩れ」の後、領内のキリシタン墓碑が徹底的に破壊されますが、奇しくもその難を逃れた一つです。

Img_7241

 常在寺の左手に墓地があり、そこを登っていくと、墓地のはずれにその石碑があります。今でこそ端っこですが、中世の頃は中心に近い場所であったと云います。

Img_7239_3 Img_7243_2 Img_7240

より大きな地図で キリシタン墓碑 を表示

« 諸行無常、盛者必衰の理‐大河ドラマ「平清盛」最終回より | トップページ | 湯とり餅‐諌早地方の郷土料理 »

キリシタン史」カテゴリの記事

東彼杵郡」カテゴリの記事

近世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/56386463

この記事へのトラックバック一覧です: 川棚町のキリシタン墓碑:

« 諸行無常、盛者必衰の理‐大河ドラマ「平清盛」最終回より | トップページ | 湯とり餅‐諌早地方の郷土料理 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック