コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 大村市春日神社 | トップページ | 福井洞穴の発掘調査 »

2012年12月 1日 (土)

推古28年12月1日‐日本最古のオーロラに関する記録?

 今年は、例年に比べてオーロラがよく見えるとか。しかも今度の年末年始は、人によっては9連休だというのでオーロラを見るツアーが流行っているらしい。金も時間も無いわが身としては、過去の記録を探すことしかできないのですが・・・。

 日本のような低緯度地域でも、オーロラを見ることが出来るんですねえ。低緯度に表れるオーロラは赤い色をしているそうで、昔は「赤気」と呼ばれていたとか。

 ・・・で、調べてみるとありました。「日本書紀」の推古28年12月1日の記録に、

天に赤色の気が現れた。長さは一丈あまりで、形は雉の尾のようであった。

(講談社学術文庫「日本書紀(下)」)

今から1400年ほど前ですね。日本最古の記録らしいです。

 ついでに、同じ日本書紀の天武11年8月11日にもそれらしい記述がありました。これらの現象は、果たした不吉な現象と映ったでしょうか?推古時代では2ヶ月後に聖徳太子が死去してますし、天武時代には翌日に大地震が起きてます。

 また江戸時代の1770年には、ここ長崎でも赤気が見えたらしいのですが、その記録を見つけきれないまま時間切れ。残念。

« 大村市春日神社 | トップページ | 福井洞穴の発掘調査 »

古代」カテゴリの記事

歴史と民俗のコラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/56219492

この記事へのトラックバック一覧です: 推古28年12月1日‐日本最古のオーロラに関する記録?:

« 大村市春日神社 | トップページ | 福井洞穴の発掘調査 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック