コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 平成24年東京見聞録7-芝公園とその周辺(長岡安平の造った庭園と芝丸山古墳) | トップページ | 南北に市糴す‐長崎県考古学会より »

2012年11月15日 (木)

富川渓谷の五百羅漢‐災害犠牲者の冥福を祈る

 諌早市の中央を流れる本明川の上流に富川渓谷があります。その岸壁に五百羅漢が刻まれています。夏は涼を求めて訪れる人も多いのですが、人の少ない秋口に行ってみました。

 佐賀藩諌早領では、元禄12年(1699)の大洪水、翌年の大干害で飢えなどで苦しんだと云います。そのため諌早家第7代茂晴公は、本明川の水源である富川渓谷に五百羅漢を刻むことにしました。元禄14年からとりかかり、、宝永6年(1709)に完成します。

 県内随一の磨崖仏だとか。一体一体の大きさはあまり大きくありません。県指定の史跡です。

(クリックすると拡大します)

Img_7119 Img_7131 Img_7138 Img_7133 Img_7135

Img_7136 Img_7134 Img_7137 Img_7139 Img_7132_2

 平成19年の調査では、510体が確認されているようです。ただ、向こう岸にある分については、どこにあるのかよく見えません。

 学生時代を国内の磨崖仏の9割が残る大分県で暮した身としては、浮彫ではなく線刻で、しかも時代の新しいものを「磨崖仏」というのは、「!」とこないところがあります(汗)。このタイプの磨崖仏が他県にもあったら知りたいですね。

より大きな地図で 富川渓谷の五百羅漢 を表示

« 平成24年東京見聞録7-芝公園とその周辺(長岡安平の造った庭園と芝丸山古墳) | トップページ | 南北に市糴す‐長崎県考古学会より »

史跡巡り」カテゴリの記事

諌早市」カテゴリの記事

近世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/55769799

この記事へのトラックバック一覧です: 富川渓谷の五百羅漢‐災害犠牲者の冥福を祈る:

« 平成24年東京見聞録7-芝公園とその周辺(長岡安平の造った庭園と芝丸山古墳) | トップページ | 南北に市糴す‐長崎県考古学会より »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック