コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 平成24年東京見聞録6‐屋形船初体験 | トップページ | 富川渓谷の五百羅漢‐災害犠牲者の冥福を祈る »

2012年11月11日 (日)

平成24年東京見聞録7-芝公園とその周辺(長岡安平の造った庭園と芝丸山古墳)

 3日目は帰りの飛行機の時間まで自由行動。そこで、芝公園に行ってみることに。お目当ては長崎県出身で日本近代公園の先駆者長岡安平 が設計したと云う庭園を見ること。

Photo Photo_2

 東京タワーの足元、「もみじ谷」にそれがあります。紅葉の頃はさぞ綺麗だろうと思われる場所に一筋の滝と清流が。滝自体、昭和60年に復元されたものらしいのですが、安平が好んで使ったモチーフです。生まれ故郷の自然をイメージしていると云われています。

Photo_3 Photo_4 Photo_5

 公園の一角に都指定の「芝丸山古墳」があります。5世紀ごろの前方後円墳だとか。江戸時代以降結構削られているようです。下からでは判り難いのですが、登ってみると古墳だと云う事がよく判ります。その後円部には、「伊能忠敬測地遺功表があります(手前の大岩との関連は不明)。

Photo_6 Photo_7 Photo_8

 
 隣接するホテルの広場と思われる場所から東京タワーを撮るとこんな感じ。荒野の真ん中に建ってるみたいです。こんなアングルがあったんですねえ。
 リング状に広がる芝公園の中心には増上寺。本堂裏手に徳川家の墓所があるのですが、リサーチ不足で中に入れませんでした。

 羽田空港も新しくなったことが、しばらく前報道されていた。そこで、お昼を空港でとった後、土産物を買いつつぶらぶらしてみようと考えた。ところが意外と時間を持て余してしまった(汗)。仕方ないので、空港の一角にあるギャラリーのソファーでボーとしていたり、展望デッキで飛行機を見ながら過ごした。

Photo_9

 おまけの一枚は、コチラ。
 芝公園で見かけた地元消防団のポンプ車ですが、何が珍しいかと云うと、軽バンを改装しているところです。長崎、少なくとも私が住んでいる町の周辺では、軽トラを使っています。「秘?の?ン?ン?ョー」で取り上げてくれないかな。

« 平成24年東京見聞録6‐屋形船初体験 | トップページ | 富川渓谷の五百羅漢‐災害犠牲者の冥福を祈る »

東京見聞録(H24)」カテゴリの記事

長崎県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/56029672

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年東京見聞録7-芝公園とその周辺(長岡安平の造った庭園と芝丸山古墳):

« 平成24年東京見聞録6‐屋形船初体験 | トップページ | 富川渓谷の五百羅漢‐災害犠牲者の冥福を祈る »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック