コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« ブログ開設1周年 | トップページ | 近代公園の先駆者長岡安平生家跡 »

2012年9月11日 (火)

日本二十六聖人上陸地

006

 上陸地の石碑は、長崎空港との連絡船が出る時津港の一角にあります。慶長2(1597)年1月、大坂の堺を出た一行は、処刑前日の午後肥前の国彼杵村に入り、その日のうちに大村湾の対岸にある時津村へ船で護送されました。時津村についたのは夜中の11時頃であったとか。彼らは船で一夜を過ごし、翌早朝長崎へと向かいます。

 彼杵村の記念碑、そして何故船なのかについてはコチラ

より大きな地図で 日本26聖人 を表示

« ブログ開設1周年 | トップページ | 近代公園の先駆者長岡安平生家跡 »

キリシタン史」カテゴリの記事

西彼杵郡」カテゴリの記事

近世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/55583206

この記事へのトラックバック一覧です: 日本二十六聖人上陸地:

» 日本26聖人が「変身」 西坂公園の記念碑、16年ぶり修復 [ローカルニュースの旅]
豊臣秀吉のキリスト教弾圧で処刑された宣教師と信者を顕彰する長崎市の西坂公園の「日本26聖人記念碑」が16年ぶりに修復されている。 [続きを読む]

« ブログ開設1周年 | トップページ | 近代公園の先駆者長岡安平生家跡 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック