コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 串島城跡-江串三郎、討幕の挙兵 | トップページ | 江串三郎入道塚-伝江串三郎の墓 »

2012年7月27日 (金)

大樽の滝-尊良親王縁の地

 前回紹介した串島城跡の南を流れる「江の串川」を1kmほど遡ると、「大樽の滝」があります。この滝は5段になっており、下から2段目左岸に「奥の院」と呼ばれる洞窟があるらしい。その昔江串三郎尊良親王を奉じて挙兵した時に、宮様が居られた場所であると云い伝えられています。
 この場所は海岸線から近いにも関わらず、海岸からは見えない位置にあります。隠れ場所としては適地のようです。
 また昔この辺りにあった「エブク寺」の修験者たちの修練場であったともいわれています。長崎と佐賀の県境にある多良山系にはその昔修験者たちがたくさんいた様で、親王が挙兵に失敗してその後大宰府に姿を現すまでの約2カ月の間、彼らの協力のもと身を隠していたとされています。

 洞窟を確認したかったのですが、周囲にイノシシ除けの柵が巡っていて近づけませんでした(汗)。

Img_6942

 現在この場所は「河川公園として整備されています。以前に比べて訪れやすくなっています。

Img_6943

次回「江串三郎入道塚-伝江串三郎の墓

« 串島城跡-江串三郎、討幕の挙兵 | トップページ | 江串三郎入道塚-伝江串三郎の墓 »

中世」カテゴリの記事

伝承」カテゴリの記事

東彼杵郡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/55265946

この記事へのトラックバック一覧です: 大樽の滝-尊良親王縁の地:

« 串島城跡-江串三郎、討幕の挙兵 | トップページ | 江串三郎入道塚-伝江串三郎の墓 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック