コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 愛津駅跡(雲仙鉄道2) | トップページ | 浜駅跡(雲仙鉄道4) »

2012年3月 6日 (火)

水晶観音駅跡(雲仙鉄道3)

Img_6583

現在の国道に出た路線は、唐比(からこ)湿地公園を右に見ながら東に向かいます。途中水晶観音駅を通過しますが、実際の観音堂入口からはだいぶ手前にあります(水晶観音に伝わる伝承については、また後日)。しばらく行くと、右斜めに入る道があり、そこから海岸線に出ると浜駅の記念碑があります。

橘湾の断層は千々石から諌早の有喜(うき)まで続いていますが、なぜか唐比地区で途切れています。一説によると、雲仙火山と有喜火山のすそ野が重なる谷線だという。またこの地区には昔「唐比レンコン」という幻のレンコンがあり、今復活させようという取り組みがあるとか。

次回に続く

« 愛津駅跡(雲仙鉄道2) | トップページ | 浜駅跡(雲仙鉄道4) »

諌早市」カテゴリの記事

近代」カテゴリの記事

雲仙鉄道」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
雲仙鉄道の記事を全部拝見しました。
行きたいと思っていても、なかなか行くことができないところでしたから。

ところで、「唐此」の文字に違和感があったので、地図で確認しましたが、「唐比」が正しいようです。

はじめまして。
なるほど。私も地図等で確認しましたが、ご指摘の通りでした。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/54083032

この記事へのトラックバック一覧です: 水晶観音駅跡(雲仙鉄道3):

« 愛津駅跡(雲仙鉄道2) | トップページ | 浜駅跡(雲仙鉄道4) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック