コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 琴尾岳烽火台跡 | トップページ | 旧海軍佐世保鎮守府の水道施設 »

2012年2月 8日 (水)

千々石ミゲルの墓?

天正少年遣欧使節団の一人、千々石ミゲルの墓ではないかという墓石が発見されたのは平成15年(2003)のこと。

 ついこの間だと思っていたのに、もうそんなになるのか(^-^;

 諌早市伊木力地区の県道33号線を車で走っていると、墓石までの道標がありました。この日は別の要件で通りかかっただけなので、正確な位置までは知りませんでした。それでも墓碑までたどり着けたのは、案内が判り易かったためでしょう。

 周囲は公園として整備されています。その最も高い場所に、墓石はありました。

Img_6536 Img_6540

Img_6539 Img_6541

墓碑の裏側には、ミゲルの息子千々石玄蕃の名があります。

 ミゲルはキリシタン大名大村純忠の甥にあたる人物で、島原の戦国大名有馬晴信の従兄になります。

 慶長6年(1601)頃までにイエズス会を脱退、その後棄教します。しかし、従兄の大村善前有馬晴信にも疎まれ、失意のうちに亡くなったと伝えられます。

 

より大きな地図で 天正遣欧少年使節 を表示

« 琴尾岳烽火台跡 | トップページ | 旧海軍佐世保鎮守府の水道施設 »

キリシタン史」カテゴリの記事

諌早市」カテゴリの記事

近世」カテゴリの記事

コメント

千々石ミゲル難しいですね。
墓を発見した大石先生と、故結城了悟先生(26聖人会館長)がミゲルについて、対談しましたが、途中からキリシタン論になり、丁々発止とやりましたが、見解の相違があって
面白かったですよ。
ミゲルは千々石出身ですが、資料が地元には全く無く、研究が難しいですね。

キリシタン論に関する見解の相違ですか。今度大石先生にお会いする機会があれば、聞いてみたいと思います。
ミゲルの子どもたちは大村藩に召し抱えられたらしいのですが、私も詳しいことは判りません。

墓石までの交通アクセスについて質問させてもらいます。。。
電車やタクシーを使っても行きやすい場所にあるのでしょうか?
お車で行かれたとのことですがご存じであれば教えてください!
近く、九州に行く予定で、長崎ははじめてなのですが、長崎空港から帰る前に、時間あればこちらのお墓にも寄りたいと思っています。

こんぺいとうさん、こんにちは。
墓石までのアクセスですが、参考までに地図をアップしておきます。
最寄りの駅はJR長崎本線(長与経由)大草駅です。ルート検索もついていますので、お試しください。電車で行きやすいかと云うと、行きにくいと思います。
駅から墓石まで車で10分程度ですが、駐車場はありません。
幹線道路ではないので、長崎市内から長崎空港へ行く途中に立ち寄るには、少し遠周りかと(あくまで個人の感想です)(汗)。

取り急ぎご連絡まで。

ご丁寧なアドバイスとルート案内ををありがとうございました!
たしかに遠回りですね、、、結局、残念ながら、今回は時間的にも厳しそうです。

キリシタン史跡が多く残る九州・長崎から、これからも発信続けてくださいね!!!
またアクセスさせてもらいます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/53902170

この記事へのトラックバック一覧です: 千々石ミゲルの墓?:

« 琴尾岳烽火台跡 | トップページ | 旧海軍佐世保鎮守府の水道施設 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック