コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 雲仙市小浜町の六角井戸 | トップページ | 愛野村駅跡(雲仙鉄道1) »

2012年2月28日 (火)

3人の学者兄弟を輩出した地

雲仙市小浜町富津地区、六角井戸の隣に立派な石垣が残っています。「関三兄弟生家跡」とあります。敷地内に3人の功績を書いた説明板があります(写真をクリックすると拡大します)。

Img_6594  Img_6595

偉い学者さんを3人も輩出する関家とは、どんな家だったのでしょう?

« 雲仙市小浜町の六角井戸 | トップページ | 愛野村駅跡(雲仙鉄道1) »

屋敷跡」カテゴリの記事

近代」カテゴリの記事

雲仙市」カテゴリの記事

コメント

島原半島はいかがでしたか?
こちらは、雲仙あたりをウロウロ。今日も3カ所ばかり、あまり知られてないところを回ってきました。
いずれ、記事にする予定です。
いつも、いいねありがとうございます。

こんばんは。
今回は廃線跡のドライブでしたが、対向車にハラハラしていました。廃線跡の記事は順次アップします。
穴場の記事、楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/54059240

この記事へのトラックバック一覧です: 3人の学者兄弟を輩出した地:

« 雲仙市小浜町の六角井戸 | トップページ | 愛野村駅跡(雲仙鉄道1) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック