コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« テレビドラマ「水戸黄門」 | トップページ | 中岳古戦場跡 »

2011年12月25日 (日)

文明12年戦績碑

彼杵宿から旧平戸街道を歩いて国道205号に出る手前に、一つの記念碑が建っています。昭和13年、大村氏子孫大村純毅(すみたけ)伯爵以下有志によって建立された戦績碑です。

12

文明12年(1480)、6年前島原の有馬氏に領土を奪われた大村純伊(すみこれ)が、領土回復戦を繰り広げた場所です。

Photo

手前は埋め立て地。緑地帯の辺りが当時の海岸線(島田の浜)で、奥の山が有馬氏が陣取っていた松岳城跡になります。 

肥前国加唐島に潜伏していた純伊たちは、肥前国杵島郡の豪族渋江氏等の援軍を得て領土回復にのり出します。
1日目は島田の浜で一進一退の攻防を繰り広げますが、劣勢であったようです。ここで、いったん退いて再起を図ることも選択肢の一つなのですが、純伊はたとえ負けても旧領の土となることを望んだようです。
2日目、松岳城の攻防戦に入ります。この城は割と険しい山城で、激戦であったと伝えられています。そんな中、城の裏手、藤津郡方面の守りが手薄となったところを、同方面から来た援軍が攻め込み城を落とします。
これを見た有馬勢は、現在の大村市福重辺りまで退却、純伊もそれを追撃、後に旧領を回復します。
 

松岳城はその後大村家開運の城とされています。
また大村の郷土料理「大村寿司」、伝統芸能の「黒丸踊り」「寿古踊り」は大村純伊の領土回復を記念して誕生したと伝えられています。

« テレビドラマ「水戸黄門」 | トップページ | 中岳古戦場跡 »

古戦場跡」カテゴリの記事

東彼杵郡」カテゴリの記事

中世」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文明12年戦績碑:

« テレビドラマ「水戸黄門」 | トップページ | 中岳古戦場跡 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック