コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 南鷹次郎博士生家跡 | トップページ | 県道開通記念碑 »

2011年11月23日 (水)

日清戦争戦勝記念宝塔

彼杵宿の嬉野口から一の瀬橋を渡り、「立馬場」と呼ばれる長崎街道の直線道をしばらく歩くと、左手に一つ宝塔が建っています。

Photo_3

明治27年(1894)、以前から対立していた日本と中国(清国)は戦争に突入します。この戦争で彼杵村からも陸軍20名、海軍6名が出征しています。また、国内では戦勝祈願の「講」なども行われていたようです。

 お祈りの成果があったのか、翌28年日本の勝利で戦争が終わります。この当時各地に記念碑が建てられたようですが、ここ東彼杵町でも高さ約3m巨大な宝塔が建てられました。この石は近くの山から切り出し、修羅とコロを使って千人がかりで運んだと伝えられています。

« 南鷹次郎博士生家跡 | トップページ | 県道開通記念碑 »

史跡巡り」カテゴリの記事

東彼杵郡」カテゴリの記事

近代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/53310316

この記事へのトラックバック一覧です: 日清戦争戦勝記念宝塔:

« 南鷹次郎博士生家跡 | トップページ | 県道開通記念碑 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック