コメント・トラックバックについて

  • 申し訳ありませんが、以下のコメント・トラックバックは公開しないか排除させていただきますので、ご了承ください。 1.記事内容と関係のない内容のコメント・トラックバック 2.ブログのテーマに合わない内容のコメント・トラックバック 3.外国語のコメント・トラックバック 4.特定サイトへの勧誘のみのコメント・トラックバック 5.見た人を不快にさせる内容のもの 6.その他このブログに相応しくないと判断したもの

バナー

  • トレンドポスト
  • 九州沖縄の展覧会
  • 長崎の歴史と旅の遊学サイト「旅する長崎学」
    旅する長崎学
無料ブログはココログ

« 大村純忠に殉じた武将ー小佐々弾正・甚五郎塚 | トップページ | ひさご塚古墳ー長崎県指定史跡「彼杵の古墳」 »

2011年9月29日 (木)

ニイタカヤマノボレー針尾無線塔

ハウステンボスから西海橋方面に国道を走っていると、

巨大な3本の塔が見えてきます。国道からの入口が判り辛いのですが、勘を頼りに農道に入りました。

Photo_8

しばらく行くと、海上保安庁の送信施設前に出ます。ここから見ると、高さ130mを超える巨大なコンクリート製の柱が天を支えている。

この塔は、元々大正11年に完成した旧日本海軍の無線塔で、戦後は海上自衛隊と海上保安庁が共同で使用していました。現在は新しい施設が完成したため、その役割を終えています。近くには、旧海軍の施設と思われる古い建物が残っています。

Photo_9 Photo_10

Photo_11 Photo_12

子どもの頃、太平洋戦争開戦の暗号「ニイタカヤマノボレ」を送信した電波塔と聞かされていましたが、最近では、真珠湾攻撃部隊ではなく、南方部隊に送ったという説や、そもそも発信していないという説まであるようです。

« 大村純忠に殉じた武将ー小佐々弾正・甚五郎塚 | トップページ | ひさご塚古墳ー長崎県指定史跡「彼杵の古墳」 »

佐世保市」カテゴリの記事

史跡巡り」カテゴリの記事

近代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580211/52872883

この記事へのトラックバック一覧です: ニイタカヤマノボレー針尾無線塔:

« 大村純忠に殉じた武将ー小佐々弾正・甚五郎塚 | トップページ | ひさご塚古墳ー長崎県指定史跡「彼杵の古墳」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック